ホーム > リハビリのご案内 > 理学療法

当院の理学療法

​人工呼吸器・モニター管理下の患者様に対して、ベッドサイドでの訓練だけでなく、リスク管理を考慮した上で、病棟ホールやリハビリ室への移動を含めた離床を積極的に行っています。ROM訓練、筋力維持訓練、基本動作訓練、呼吸リハビリテーション等を実施しています。また、屋外への散歩も実施しており、QOL向上を図っています。​
 

離床

当院の患者様のほとんどが、人工呼吸器装着を装着しています。安全を第一に離床を行い、外に散歩に行ったり、外出の支援など行っています。


 

人工呼吸器を装着しながら、ベッドを起こしたり、座ったり、車椅子に乗ったりします。患者様の状態や希望に合わせ、安全・安心に行っています。

​人工呼吸器下で歩行練習なども行います。


 

​呼吸理学療法

人工呼吸器を使用することで、呼吸機能に様々な合併症が起こると言われています。その為当院では専門的な知識の元、呼吸理学療法を提供しています。​

​排痰補助装置を使用して痰を出しやすくします。