ホーム > リハビリのご案内 > 作業療法

当院の作業療法

当院の作業療法では「その人らしさ」をより表現出来る作業療法を目指しています。

主に上肢・手指のROM訓練・機能訓練・筋力維持訓練を行うとともに、認知面・心理面へのアプローチも兼ねて、手工芸等を実施しています。また、長期療養におけるQOLの評価尺度の検討をしております。外来リハビリでは、ADL面への介入、自助具・福祉用具の紹介などを行っております。

園芸療法であれば種を播く・土をいじるという手を使った作業や、出来ない患者様には、播き方を教えてもらったり、収穫した野菜の調理方法を教えてもらったり等、患者様に指導者としての役割を持って関わってもらいます。


 

カード作り等や、作品作りも、一緒に色や形を選択したりメッセージを聞いたりしながら作成して、それをお孫さんにプレゼントしたりする等、入院生活の中でも、家族の中の役割やコミュニケーションを継続してもらうという形で作業療法を提供しています。


 

​外来では季節に合わせた作品を皆で作成しています。