ホーム > 各部署のご案内 > 看護部紹介

看護部紹介

ご挨拶


看護は、人と人との信頼関係の中から生まれて来ます。
相手を思いやる心を持ち、相手の気持ちに対応できる看護師であって欲しいと思っています。また、看護はチームワークが大切です。仲間を尊重し、協調性を持つことで良いチームワークが築け、良い看護が提供できます。そして、看護に対するやりがい感・達成感を得るためにも、自己目標を持ち、常にチャレンジ精神を忘れずに頑張ることも大切です。
「この病院に入院して良かった。」「あなたがそばにいてくれて良かった。」と言って頂ける、そんな病院つくりを私たちと一緒に目指しましょう。

看護部長 青木 裕子

看護部理念

患者の生命と安全を守り、より質の高い看護を実践する。

方針

私達は、

  • 患者様の安全を確認し、信頼される看護を行います。
  • 患者様の人権を尊重し、QOLの向上に努めます。
  • 専門職として自己研鑽し、知識・技術の向上と、人としての向上に努めます。

人材育成

神経内科の特殊性を理解して知識・技術の向上を図り、人間的にも成長し、より良い看護を提供する。

新人オリエンテーション

入職時に2日間実施します。
医療業務に不安なく適応して行けるよう、コメディカルと連携のもと新しいスタートを切る皆さんを一からフォローします。

プリセプター制度

入職歴3年から5年目の職員がマンツーマンで新人と関わり現場で不安を覚えることなく患者様のケアに当たれるよう支援してくれます。
また、看護技術はもちろんのこと、メンタル面でも親身になって相談に乗ってくれます。

現任教育

能力開発ラダーの定義に沿って、教育委員会で教育計画を立て院内・院外・本部研修などに参加し自己研鑽をします。

  • クリニカルラダー制度
    個々の専門職としてのキャリアアップを目指すための制度。
    5段階制、到達目標の定義に沿って研修を実施する。
看護研究

現場における疑問・気付きをもとに研究を重ね、看護を振り返ります。
(院内、TMG本部、ブロック、看護協会等に参加)

研修制度

TMG本部・看護協会などで行われている指導的立場の人材育成、組織・看護の質の向上に寄与するために参加出来る研修制度があります。

組織運営上の役割育成教育担当者の指導に関する研修
認定看護師育成
看護管理者研修看護管理者ファーストレベル
看護管理者セカンドレベル
看護管理者サードレベル

委員会

委員会 看護部教育委員会

キャリアアップを図るためにレベル別に年間の教育計画を立案し運営しています。

看護部業務委員会

看護業務が円滑に行われるように、業務の改善やマニュアルの検討を行っています。

看護部安全委員会

インシデント報告書を収集分析・対策立案し、フィードバックして、インシデント・アクシデントの発生を予防しています。

看護部感染委員会

スタンダードプリコーションを徹底し、院内感染の予防に努めています。

看護部褥瘡委員会

褥瘡の防止、または発生した褥瘡へ適切な対応を図るための活動をしています。

看護部記録委員会

患者様の見える看護記録が展開出来るよう、問題点について話し合っています。